まえだ歯科クリニックまえだ歯科クリニック

ハイライフ東大阪 院長インタビュー

診療時間 日・祝
09:00 - 12:30 × ×
14:30 - 19:00 × ×

※受付は診療終了の30分前まで

お気軽にお問い合わせください

tel.072-968-9602

  • HOME
  • ドクターズインタビュー

院長インタビュー

2018年9月1日、東大阪市・新石切から徒歩約7分の場所に開院したまえだ歯科クリニック。
「出身である奈良県と、勤務先だった大阪市の中間あたりで開業したかった」と言う前田武志(まえだ たけし)院長のもと、スタッフ全員がワンチームで“ホスピタリティ”を大事にした診療を行っています。
院長が補綴科出身ということから、入れ歯の治療を得意としていますが、そのほかにもクリニックには色々な特徴があり、そうしたまえだ歯科クリニックならではの特色、診療にかける思い、患者様へのメッセージなどをお聞きしました。

地域に根ざす身近な歯医者
入れ歯・訪問診療などに力を入れて取り組んでいます

広島大学出身ですよね?東大阪市・新石切で開業した理由は?

僕は元々出身が奈良県で、開業前の勤務先が大阪歯科大学だったので、奈良県と大阪市内、その中間に位置する新石切に住むようになり、そのままここで開業しました。
自分が住まいをかまえる地域に根ざす形で独立開業したというわけです。

補綴科出身で入れ歯の治療を得意とされていますが、そうした専門性を追求しようと思われたきっかけは?

大学院で補綴を専門的に学んだのですが、仲の良い先輩がいたこと、そしてお世話になった先生がいたことなどがきっかけです。
こだわりを持って入れ歯の治療を行っていますが、大事なのは“いかに作るか?”ということよりも、“作った後、どうするか?”だと思っています。
基本に忠実に作製すれば保険の入れ歯にせよ、自費の入れ歯にせよ質の高いものはお届けできると思っているのですが、どのような入れ歯でも“一生モノ”ではありません。
どこかで必ず悪くなるポイントというのがあるので、それを見極めて適切に補修・修理・調整していくことが重要です。
そのことはいつも患者様にお伝えしています。

入れ歯の治療以外に、訪問診療にも力を入れられていますよね?

新石切は地域柄、ご高齢の方が多いので、入れ歯の治療もそうなのですが、今後は通院が困難な方のための訪問診療が地域社会に欠かせないものになると考えています。
もし、足腰が不自由だったり、寝たきりだったりして歯科クリニックへ通院できないという方、またそうしたご家族がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご相談いただきたいと思います。

一番大事にしているのは“ホスピタリティ”
そして、人と人のふれあいによる“コミュニケーション”

普段、どんなことを大切に考えて診療されていますか?

当院が一番大事にしているのが、患者様への“ホスピタリティ”です。
例えば患者様を診察室へご案内する時、ドアを開けて「○○さん」と呼ぶのではなく、待合まで迎えに行ってきちんと診察室の中までご案内するだとか、治療が終わった時もドアを開けて「お疲れ様でした」と終わるのではなく、待合のイスにお座りになる時まで見守るようにしています。
先ほどお話しした通り、地域柄、当院へはご高齢の方がたくさんいらっしゃいますので、診察室から待合へ戻る時に転倒してしまう恐れがあるのです。
そういう気配りだけは欠かさないように、スタッフ全員で意識しています。

そういう気配りがあると、患者様との距離が縮まりそうですね?

そうですね。
ホスピタリティだけでなく、患者様との“コミュニケーション”も大切にしていて、時間をかけてよくお話ししています。
それは患者様と良好な関係を築くためでもあるのですが、よく時間をかけてお話をおうかがいしないと“患者様が何をお求めなのか?”がわからないからです。

歯医者が思うベストな治療が、その方にとってのベストとは限りません。
そこにズレが生じている場合があります。
そうしたズレを補正し、患者様にとっての“ベストな治療”を目指すためにも、歯科医師と患者様、そしてスタッフと患者様という“人と人のふれあい”は欠かせないと思っています。

今ある歯を大事に
キレイなお水・空気による安心・快適な診療空間

今のお話もそうなのですが、まえだ歯科クリニックの診療にはどんな特徴が?

今ある歯を大事にして、できるだけ残すようにすることでしょうか。
できるだけ歯を削らない・抜かない、天然歯を守り続けるうえでこれは忘れてはいけないことだと思っています。

ただ、歯の状態によってはどうしても削らなくてはいけない場合があります。
そのまま残しておいても患者様にメリットがない、お口の中に悪影響をおよぼすばかりということがあるのです。
そうした時、私は補綴科出身で、補綴治療というのは歯を削らないことには始まらないようなところがありますので、その専門性を活かして“必要最小限だけ歯を削る”という精密な処置で対応いたします。

設備面の特徴はいかがですか?

まず当院はバリアフリー設計で、入口には緩やかなスロープを設けていますので、足腰が悪い方、車椅子の方、ベビーカーの方、どなたにも安心してお越しいただけます。
次に検査機器としてCTを導入していて、高解像度な3D画像が撮影できますので、平面画像であるレントゲンだけでは得られない様々な情報が収集でき、的確な診査・診断に繋げられます。
あとは、院内と“お水”と“空気”へのこだわりでしょうか。

お水と空気へのこだわり?どのようなことでしょうか?

当院ではポセイドンという歯科ユニットウォーターライン除菌装置を導入していて、これにより不潔になりがちな診療チェアの給水管内が除菌でき、常に衛生的に保てます。
正直、これを導入するのに費用がかかるのですが(笑)、お水はキレイな方がいいですよね?
だってそのお水がお口の中に入るわけですから。
せっかく治療を受けてお口の中をキレイ・健康するのに、その時に使うお水が汚れていたら意味がないですよね?
そう思って患者様のお口に入るお水にこだわり、安心でクリーンなシステムを導入しています。

それに加えて、院内にメディカルライトエアーという医療機関向けの空気浄化装置を設置しています。
これがあることで院内の空気が浄化されてキレイな診療空間を作り上げることができるとともに、苦手な方も多い歯医者特有のお薬のニオイが抑えられますので、リラックスして治療を受けていただけるようになるのではないかと思っています。

歯医者に通い慣れている方も・久しぶりの方も
どちらも私たちはウェルカムです

最後に、HPをご覧の方へお伝えしたいことは?

最近では“予防歯科”という考え方が浸透しつつあって、普段からお口の健康を意識されている方も増えていますが、それでも「もう何年も歯医者に通っていない」という方もおられるでしょう。
まえだ歯科クリニックでは、そうした方のお口の健康もお守りしたいと思っています。

久しぶりに歯医者に通うとなると、「怒られるのでは?」「汚い口を診られるのは恥ずかしい」と心配になるかもしれませんが(笑)、そんなことありませんので安心してお越しください。

もちろん、定期的に歯医者へ通ってお口を清潔に保つことが一番ですが、お仕事が忙しかったり、引っ越しを機に通院が途絶えてしまったりするなど、色々な事情がおありかと思いますので、歯医者との付き合いが途絶えたままにせず、当院でもう一度“お口の健康”と繋がっていただきたいです。

top

072-968-9602

お問い合わせ