まえだ歯科クリニックまえだ歯科クリニック

ハイライフ東大阪 院長インタビュー

診療時間 日・祝
09:00 - 12:30 × ×
14:30 - 19:00 × ×

※受付は診療終了の30分前まで

お気軽にお問い合わせください

tel.072-968-9602

“子供の歯”は大人の歯と違います

将来のお口の健康を考えて治療

「子供の歯(乳歯)はどうせ大人の歯(永久歯)に生え変わるのだから、虫歯になっても平気」とお考えではないでしょうか?
実は違うのです。
子供の歯は大人の歯と違い、歯質が柔らかいので虫歯になると速いスピードで進行します。
虫歯が進行してしまうと、大人になってからの歯並び・噛み合わせや顎の成長に影響する場合がありますし、何よりもそうして子供の頃から虫歯があることで、将来的にも虫歯リスクが高まると言えます。

小児歯科というのは、お子様の虫歯を治すだけのものではありません。
お子様の将来のお口の健康を考えて、今やっておくべきことをきちんと行い、健康な永久歯への橋渡しを目指すものなのです。

お子様が笑顔で歯医者に通えるように

一度お子様が「歯医者は怖いところ」と思ってしまうと、そのイメージを変えるのは簡単ではありません。
怖い・痛いというイメージが強く植え付けられて、その結果、大人になっても歯医者に通えなくなることがあります。
そうしたことがないように、東大阪市・新石切のまえだ歯科クリニックではお子様を優しく丁寧に診させていただきます。

いきなり怖い治療を行ったりはしません。
まずは歯医者の雰囲気に慣れてもらうようにして、「先生は怖くない」「無理やり痛い治療をされたりしない」ということをよくわかってもらってから、その子の成長と頑張りに合わせてゆっくり治療を進めるようにしています。

お子様を虫歯になりにくくする方法

フッ素塗布

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。
ですが、一度菌が入り込むとどんどん増えて虫歯の原因となります。
なので、小さいうちから虫歯菌の増殖を抑えることが大事で、そのための効果的な方法の1つにフッ素塗布があります。

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面(エナメル質)が守れるようになり、虫歯菌が酸を生成するのを抑制できるようになります。
フッ素塗布は定期的に受けていただくのがおすすめで、虫歯に負けない強い歯が作れるだけでなく、初期の虫歯の治療としても効果的です。

シーラント

奥歯の溝は虫歯になりやすい部位の1つですが、これをフッ素入りのレジン(歯科用プラスチック)で埋めることで虫歯を予防します。
特に6歳前後に萌出する永久歯(六歳臼歯)は虫歯リスクが高いので、シーラントによる予防が効果的です。

歯磨き指導

歯科衛生士が中心となって、お子様に楽しく歯磨きの方法を学んでもらいます。
お子様一人ひとりで正しい磨き方は違いますので、その子のお口に合った歯の磨き方を丁寧に指導します。

小さいうちから正しい歯磨き方法を学ぶこと、そして毎日歯を磨く習慣を身につけることは、その子の将来のお口の健康を守ることに繋がります。
是非、当院で正しい歯磨きを学ばせてあげてください。

top

072-968-9602

お問い合わせ